コラム

日々の私にちっちゃなご褒美パート9
2016/03/25

日々の私にちっちゃなご褒美パート9

みなさまこんにちは。ナラマーシカの井上です。

先日会った友人に「すごい神社がある!」と聞いたので、
「また連れて行って。いつにしようか?」と言ったところ、「今から行こう!」という答えが返ってきました。
思いたったらすぐ行動、を地で行く友人に連れられて、車で約一時間。
神社は、山の中の空気が澄んだ幻想的な場所にありました。

そして今週、家族旅行で出雲大社へ。
特に神社好きでもないのに、10日も空けずに、すごいといわれる神社に2か所行くことになったのは、今、ターニングポイントにいるからしょうか?
ワクワクしながら流れに乗っていきたいと思います。

さて、10数年の専業主婦生活から、徐々に社会とつながり始めたとき、私は企業に所属して働くのではなく、
ママたちの特技やスキルを持ち寄って、仕事をつくりたいという、今のナラマーシカの原型となる思いをすでに持っていました。
その思いを発信するなかで、同じように考えているママたちとの出会いは増えていきました。
彼女たちは、育児をしながら出会ったママ友とはいろんな面で違っていました。

一番大きな違いは、自分自身の人生と真剣に向き合っていたこと。
子どもはかわいいけれど、育児一辺倒ではなく自分でいられる場所、自分らしくいられる仕事は何かをみんな一生懸命考え、模索していました。
また、誰もがびっくりするくらい多種多様な能力を持っていました。
その出会いのおかげで、講座、イベント、商品開発などママたちのスキルを持ち寄って仕事をするという思いを少しずつ実現しています。

私は仕事を辞めたことに対してずっと後悔をしていましたが、仕事を続けていたら出会わなかったであろう能力の高い女性たちに出会い、
一緒に仕事や活動をする過程で、はじめて仕事を辞めたことを前向きにとらえられるようになりました。
それと同時に地に落ちた自信や自尊感情を少しずつ取り戻していきました。

社会と切り離され、育児をしながら仕事とは自分らしくいられる最強のツールだという思いを強くしてきましたが、そのことを自分で実証したかたちです。
今日はここまで。また次回お会いしましょう。


【著者:井上京子】
奈良のママが仕事をつくる会(愛称:ナラマーシカ)代表
奈良の働きたいママが、自分のスキルや特技を活かして仕事をつくり出す会です。
★カテゴリー『学び』⇒『女性支援』で情報掲載しています!★
こちらをクリック>>